NJLOG

踊る阿呆に見る阿呆

Facebook の自分の誕生日を非表示にすれば自由な時間が増える

f:id:njlog:20160612003034j:plain

Facebook に届く誕生日通知「今日は○○さんの誕生日です」ってやつ、すごく面倒くさい。

一週間に何度もやってくる誕生日通知。おめでとうコメントを残さないと冷たい人みたいなイメージがつきまとうのが、どうにも悩みの種になっている。

仲の良い友達であれば何も考えずメッセージが自然と浮かぶけれど、Facebook 上で中途半端な距離感でつながっている友達がいる。そんな友達には「誕生日おめでとう!」と平凡なメッセージ以外が思い浮かばないのだ。

そうすると自ずと返信も「ありがとう」一言で終わるケースが出てくる。すごく事務的な言葉のラリー。こんな内容の無い会話、お互いが時間を割いてコメントする意味なんてあるのだろうか?

お祝いとして気持ちを伝えたい想いに反し、とりあえず何か書かなきゃいけない義務感に襲われる。コメントを貰った方も、返信をしなきゃと責任感を背負わされる。

全くもって誰も得しない悪習だ。

嫌いなコメント厨

「コメント送ったのに、なんで返信くれないんですかー?」

こういう奴、いるでしょ。もうね、今すぐスマホの液晶割れてしまえと思う。

誕生日メッセージに限らず、通常の投稿にコメントした時も言ってくるのでたちが悪い。レスしない理由は面倒だからに決まってるじゃないか。

そんなこと言う奴に限って、ろくでもない中身の無いコメントを書きやがって。それにどう返信しろと言うのか。でもこのタイプの人種は、結構プライドが高いもんだからむげにできなくて厄介だったりする。最近は「いいね!」だけして逃げるようにしてるけど、更に突っ込まれたら言い訳するのも面倒。

そして誕生日がやってきた

つい先日、誕生日を迎えた。例年であれば 80 件ほどのコメントが届くのだが、今年は Facebook で1、LINE で 8 件のコメントまでに減った。

なぜここまで減ったのか。理由は簡単。単に Facebook のプロフィールに登録されていた生年月日を非表示(公開範囲を自分のみ)にしただけ。これで友達に自分が誕生日であることを知らせる通知も届かない。

お互い事務的な会話をせずに済むのだ。

お祝いメッセージが届かなくても寂しくはない。少なくとも9人は僕の誕生日を知っていてくれたのだから、それで十分満足。

メッセージが届かなければ返信する必要もない。毎年、誕生日コメントのレスに使っていた数時間が自分のために使える自由な時間となった。ゆえに、こうしてブログ記事を一本作成でき、更にはスプラトゥーンを思う存分プレイ出来たのだから、今の自分にとってのメリットは大きい。

誕生日メッセージが0だって構わない

誕生日を楽しみに待つような年齢でもないので、SNS経由のメッセージが0件でも寂しくなんかない。家族と誕生日を覚えてくれている友達が祝ってくれればそれでいいのだ。

Facebook の誕生日を非表示(公開範囲を自分のみ)にする方法

まずは Facebook で自身のプロフィール画面を表示します。[基本データを変更] にアクセスし、誕生日が載っている [他のプロフィール情報] を選択します。

すると基本データのところに [編集] メニューがあるのでそちらを選びます。あとは生年月日のセキュリティ設定を [自分のみ] に変更すれば完成です。

f:id:njlog:20160612015434p:plain

これで「誕生日おめでとう」メッセージが届く率が著しく低くなるため、返信するための時間を割く必要もない。

自分の誕生日なのだから気持よく過ごしたい!

誕生日コメント爆弾で苦しんでいる方、首を絞めるくらいなら非表示設定にする。これ、おすすめですよ。